スポンサーサイト

  • 2011.01.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    2010:odyssey two

    • 2010.01.16 Saturday
    • 13:29
    久々に原作を読みました。
    中国に先を越されるところ、そしてその後に起こる悲劇。
    HAL9000とディスカバリーの復活。
    そして、something wonderful.

    原作者は故アーサー・C・クラークさん。2008年3月19日没(満90歳)

    2010年になっても木星はおろか、人類は火星にすら到達していません。

    60歳代の作品ですが、ボイジャーから送られた画像に触発され書き上げた作品です。その時の勢いと溢れるイマジネーションが感じられ、今読んでも面白いです。かくいうオイラも、ボイジャーから送られる外惑星の画像には釘づけになっていた。

    ボイジャー1号が撮影した渦巻く木星の大気(wired visionから)
    木星の大気

    そして、打ち上げから30年近くたった現在も、ボイジャーは外宇宙を目指してまだ情報を送リ続けていると言う(凄い!)。

    話は戻って映画版の2010年は、非常に判り易い構成と展開ですね。というか、映画の2001:a space odesseyがキューブリックの映画で難解なだけで、2001年の小説は、木星ではなく土星を目指しているがHALが狂った訳も説明されていて非常に判り易く展開する。

    2010年の映画版は小説と若干プロットが異なり、映画化に伴いサスペンス性を盛り上げるため、キューバ危機レベルのソ連と米国の対立が発生しています。小説では各々の科学者は互いに協力し合って”謎”の調査を行っている。映画は小説の内容を盛り込みすぎて(それでも中国はカット)話が駆け足で進むところは、もう少し上映時間を延ばして緩急つけた編集にしてもらいたかった。でも、木星がモノリスに喰われていくCGシーンは、25年たった今見ても良い出来映えだと思います。

    しかし、この映画公開後7年でソ連が崩壊するなんて、当時、誰が想像できたことか。静止衛星の発案者でもある原作者のアーサー・C・クラークさんにも、それは予見することが出来なかった。

    ポリスのアンディ・サマーズ編曲「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭部で、映画2010年のテーマ曲です。映画のサントラには入っていますが映画では採用されませんでした。ギターが良くも悪くもアンディ・サマーズで、サウンドは紛れもなく80's。

    あ、もちろんオイラは80'sがリアル青春ですから、もちろん好き(笑)

    映画で、かつてボーマンだった者のセリフ

    ”Something wonderful”

    今年は、なにか素敵な事が起こって欲しいものだ。

    スポンサーサイト

    • 2011.01.31 Monday
    • 13:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      これはこれは、
      お達者倶楽部の会長さんではないですか。
      いらっしゃいませ。
      最初、このIPを拒否リストの登録しようかと思ったよ(笑)

      じゃ、クラブ員3号と言うことでヨロシク!
      会長さんはHさんだったっけ?
      • すわっち
      • 2010/02/07 8:40 PM
      くくくっ 
      このお年よりがっ
      お前も早くお達者クラブにおいで。
      • Tちゃん
      • 2010/02/06 1:42 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      tenki.jp

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM